SNS
南の島でBLOG2008年04月
南の島でBLOG
南の島での日々・・ 日々の出来事や釣りのことなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自作エギでゲッツ!
先日作った自作エギを試すべく釣行
今夜は自作エギしか投げない!!
と心に決め,無心にキャストを繰り返します

1時間半経過・・・・・
自分にも周りの人にも反応なし・・・・・・

聞くところによると最近はあまり釣れていないらしい
釣れてもキロ前後の小さいサイズがポツポツだとか

そのせいか周りの人もどんどん帰っていきます
帰りたくなる心を抑えて自作エギを黙々とキャスト×3

エギのローテーションもしてみます
とはいってもブルーとピンクの2色しかありませんが(笑)

プレミアムアオリーQもどきにしたので釣れるはず!
と言い聞かせさらにキャスト×3

自作エギ(製作過程は前回を参照してください)
は4寸エギでオモリも4号を使用,重量24gです

使用しているライカル862EHはMax4.5号なので安心してしゃくれます
しかし,投げた感触は・・「重い」
いつも使っているエギ王と比べるとボディが桐材だからでしょうか?
シンカーの形状など細かいところも関係していると思いますが
風の強いときや潮流が速いときに活躍してくれそうです

少し軽くするためにシンカーを少し削ったらだいぶ引き重り感はなくなりました
着底もわかりやすいのでナイトエギングに向いているかも!

そんな自作エギを信じて投げ倒します
エギをフルキャスト!着底後に3段シャクリからテンションフォール
すると

コツッ


とキタ!

着底にはまだ早いので一呼吸おいてからビシッと合わせると

ズン

合わせた直後はふわふわした感じ・・
しばらくしてからジェット噴射開始!
ドラグが少しだけチリチリなる
ドラグ設定はキロ以下では出ないようにしているので

キロアップ決定!

遠いところでかけたのでなかなか寄ってこない
時間をかけて無事ランディング!

帰宅してから計量すると1.3kgでした!

jisakuaori.jpg


自分で作ったエギで釣れたのですごく感激!

ヒットエギはプレミアムアオリーQもどきのピンクでした
ますますエギの自作にはまりそうです!
スポンサーサイト
自作エギ その2
先日作った自作エギを持って釣行!

BONさんに作ったエギを見てもらう
口の部分はゼムクリップで作ったという話をしたら・・

BONさん「それって,錆びるんじゃない?」
 俺 「そ・・そうですよね・・・」

よく考えなくてもわかる失敗をしてしまいました

作り直すこともできないので,使用後は真水でよく洗おうと心に決めたのでした

さてスイムチェック

けっこういい感じ! 結構ダートしてくれます!

エギングの結果は 

残念!

反省をふまえてステン針金で2匹追加作成中です
自作エギに挑戦
エギは今までいろいろと使ってきましたが,最近はエギ王Qに落ち着きました。
なんせ値段が手頃です。
しかし,ロストを考えると高いような気がします。

こちらの地元の方は自作エギで良い釣果をだしている方もけっこういます。
そこで,エギの自作に挑戦してみました。

自作エギのセットをホームセンターにて購入

ボディ 80円(1つ)
オモリ 80円(3つ入り)
羽 80円(6枚くらい)
笠針 80円(4本入り)
布地 150円(1セット)


まず口の部分をヒモにするか金属にするか
どうしよう・・・・

手頃なヒモもない・・・ 

少しダートさせたい

ふと,目に入ったのはゼムクリップ

適当な長さに曲げて切り,装着し接着剤で固定
笠針も簡単に接着できました

egi1.jpg


ボディに接着剤を塗り,下布を貼り付けます
ナイトエギングが多いので下地は赤にしてみました

egi2.jpg


同じようにして上布を貼り付けます
縦のストライプ柄でした
オモリも真鍮釘で固定すると
こんな感じ

egi3.jpg


これに油性マジックでペイントします
何色か重ね塗りをしてグラデーションのつもりですが,けっこうこれが難しい
ピンクとブルーで塗ってみました

両端を余ったPEラインで縛り,接着剤で固定します

最後に羽と目玉を接着し完成!

egikansei.jpg


腹部にドットも入れ,プレミアムアオリーQ風に作ってみました

あとはバランスをチェックして本番に備えます

こんなのが釣れるといいなぁ

2300g.jpg

(この間釣った2300gの♂)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。