SNS
南の島でBLOGライカル
南の島でBLOG
南の島での日々・・ 日々の出来事や釣りのことなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライカル
ここ最近天気が悪く,エギングには行けない状況が続いています
なので,年末に買ったライカル 862EHの感想など報告したいと思います

エギングロッドはこの2本しか持っていませんので,インプレなどではなく単に私的な感想と思ってください
以前使っていたクロステージ 832Eとの比較です

この2本の宣伝文句は

クロステージ832E
言わずと知れたスタンダードモデルの決定版。初めての1本としてはもちろん、ベテランエギンガーにとっても満足のクオリティーです。数釣り、型狙いその両方を兼ね備えたハイポテンシャルロッドですのでオールシーズンエギングを楽しめるでしょう。


ライカル862EH
スレていないデカイカを獲りたい。そんな欲求は誰にでもあるはず。その為にはロングキャスト、そしてディープを攻めなければならない。遠く、深くなるほどにダイレクトな操作性やバイトを感じ取ることが難しくなる。それを可能とするのがこのモデルだ。手にすればすぐにわかるこの軽さ、そして使えばわかる超高感度。かつてここまで完成度の高いエギングロッドがあっただろうか。まずは手にとってその軽さに驚いて欲しい。


まず長さは83と86なので当然違います
上がクロステージ832E,下がライカル862EH

ライカル1


一目瞭然
グリップも少しだけ長めです

ライカルのみリール(バイオマスター 2500s)装着してみました

ライカル3


見た目はライカルのほうが細い・・
こんなに細くて大丈夫なのか?と思ってしまいます
ガイドはクロステージ832Eがステンレス
ライカル862EHがチタンです

ティップ側の太さもライカルのほうが細くなっています
上がクロステージ832E,下がライカル862EH

ライカル2


ロッドを振った感じは

クロステージ832E
・それほど重くない感じです
・リールシートの部分に手が当たってゆるんでくる
・パン,パンとしゃくった時にティップがビヨヨーンとぶれる
・キロアップは余裕,2キロアップは折れるかというくらいバットから曲がった
・max3.5号なので3.5号を両手でガンガンシャクると少し不安

ライカル862EH
・すごく軽い(軽すぎ?)
・グリップの長さもあまり気にならない
・リールは中指と薬指の間で保持すれば良い感じ
・しゃくったときのティップのぶれはクロステージよりだいぶまし
・キロアップはさらに余裕,2キロアップでけっこう曲がるが余裕
・max4.5号なので,3.5号はもちろん4号もビシバシしゃくれる
・ティップはけっこうしなやか

こんな感じです

この島では2キロアップは当たり前,3キロはモンスターではないそうです
事実,先日も3.3キロがあがったと聞きました
4キロも過去に実績があり,船ではなんと5キロオーバーもあがっているんだとか・・
すごいですねぇ

ただいまの最高記録2.3キロ

今年は3キロアップ目指して頑張ります

同じく年末買ったギャフの感想はまた次回!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://waterstream.blog62.fc2.com/tb.php/146-da22c4b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。